メンテナンスで長期間持続

  • TOP
  • >
  • メンテナンスで長期間持続

メンテナンスで長期間持続させましょう!

まつげエクステ」はメンテナンスで持続効果が変わるのをご存じでしょうか?
最近では「まつげエクステ」の価格もグッと下がって、気軽な値段でエクステを付けることができるようになりましたよね。
とは言え、せっかく付けた「まつげエクステ」ですから、できるだけきれいな状態を長くもたせたい…というのが、誰もが思うところです。

一般的に、まつげエクステをキレイに保てる期間は1ヶ月~1ヶ月半程度とも言われています。
ただし、これについては人によってかなり個人差があるので、必ずしも「1ヶ月」とは限りません。

例えば普段のメイク落としや日常生活の癖などによっては、エクステが持ちにくくなってしまうこともあるのです。
ちょっとしたことに気をつけるだけでも「まつげエクステ」をキープできる時間はだいぶ変わってくるので、日々の生活に気を配ってみましょう。

クレンジングオイルは使わない
「ウォータープルーフのメイクも一気に落とせる」ということで人気の高いオイルタイプのクレンジング剤ですが、残念ながら「まつげエクステ」に使うのには向いていません。
エクステを付けた部分がオイルの油脂成分でゆるんでしまい、はずれる可能性が高くなってしまうのです。

もちろん1回のクレンジングオイル使用ですぐに取れてしまう…というわけではないのですが、繰り返し使用することで「かなり外れやすくなる」ということは覚えておきましょう。
できれば、まつげエクステをする前にジェルタイプやクリームタイプのクレンジング剤を購入しておいた方が無難です。

なお、最近ではオイルタイプのクレンジング剤を使用しても落ちないエクステを採用しているサロンもあります。
「どうしてもクレンジングの時にはオイルタイプが使いたい!」という場合には、このようなサロンを選ぶのも手ですね。

目の回りに触らない
まつげエクステ」を装着したばかりの頃は、違和感を感じて目の周辺に触れてしまう人が多いようです。
普段からアイメイクをしている人の場合は「目をこする」という癖はあまり無いのですが、すっぴんが多い場合や自宅などでは要注意。

まつげエクステは元々の自分のまつげにグルーという接着剤でくっついている状態です。
そのため、あまり強い摩擦を受けると徐々に付いている面が離れ、エクステが取れやすくなってしまいます。
気になる時でもできるだけこすらず、ソフトに扱うように気を配るだけで、エクステのもちは変わってきますよ。

また、うつぶせになって寝ることが多い人は摩擦でエクステが外れやすくなることが多いようですから、この点にも留意しておくと良いでしょう。

まつげエクステは自まつげに付けているものなので、まつげの生え変わるサイクルによってもキープできる期間は変わってきます。
また元々のまつげの太さや長さなどもエクステの「もち」に関わってくるため、個人差が大きいのが特徴です。

とは言え、まつげエクステに付け慣れてしまえば、もちを長くさせるポイントも徐々にわかってきます。
またエクステによっては対策が異なる場合もありますので、「どうしてもすぐに取れてしまう…」という場合には、エクステを付けてくれているサロンに対策を相談してみましょう。

facebook